officetts

株式会社オフィステイテイエス俳優事務所のブログ

44回松下幸之助さんに学ぶ


44回【松下幸之助さんに学ぶ】

【人間が思想の下僕になってはならない】

http://goo.gl/81s0Eo

?????????????????????????

昭和44年(1969)8月19日、都道府県農協中央会・連合会
常勤役員研修会(74齢)


こういうような物騒な世相というものを考えてみますと、


はたしてこれが人間の真の姿なのかどうか、過去は戦争につぐ戦争であったけれども、それは過去の姿であって、

 

だんだんと文化がすすんで、人間が月の面を歩くという状態になってきたんだから、もう地上の人間生活には平和が来て目もよさそうなものだ、

 

高度な文化生活というものが考えられるんじゃないかと思うのであります。

 

しかし事実はそうではなく、むしろ闘争が激しくなってきている。

 

なぜそういうふうなことが起こるのであろうことかということでありますが、


私は結局、人間の偉大さというものを見失っているところから来ていると思うんですね。


宗教は人間の幸せのために存在する、学問もまたそのとおりであります。


いっさいは人間が主である。

神の教えを説くにいたしましても、主体は人間である。

 

人間の幸せのために神の教えを説くのである。


人間の幸せを進めるために宗教があるんだと考えられるのであります。

 


ですからいつの場合でも、人間は主体とならなればならない。


人間が主座に立たなくてはならない。

 

ところが人間が下僕になり、人間の主座というものが変わってきたというところに、いま申しましたような過ちがくり返されてきているんじゃないかという感じがするんです。


これは非常に大事なことでもあると思うんですね。

 


私ども会社の経営をやっていくにつきましては、やはり社会観・人生観というものをきわめて重要なこととして考えねばならんことは、これはいうまでもございません。


経営から生まれてくる所産というものは、人々の幸せになるものでなければならない。


人々の幸せにならないことはしてはならないと思うのであります。

 


人間が経営の下僕になることは許されない。

人間のために経営が存するのである。


絶えずこういうふうに考えねばならんと思うんです 。

 


宗教の教えを行う方々にしましても、初めは人間のために、ということではあったんだろうと思います。


お釈迦様の説法にいたしましても、


人々の不幸を見て幸せな人生が送れるようにということでいろいろとお考えになって、

 

人間の道というものをお教えになった。


人間をいちばん大事にして中心にして、そしてその人間の歩む道はかなくあるべしというふうに研究なさったんだろうと思うんです。

 

そうしてのちに教団というものができたわけですね。


ですから、教団もまた人間を中心としたものでなくちゃならん。


教団のために人間が下僕になってはならないと私は思うんです。


それは全部が全部そうではありませんが、ともすれば人間は教団の下僕であるというような錯覚に陥っている。

 

そういうところに、大きな災いというものが起こってくるんだと思うんであります。

 

 

今日新しい思想がだんだん生まれてまいります。

 

その思想によって、よりよき人間生活というものが探求されるということは、あってしかりやと思うし、


またなくてはならんと思います。

 

 

しかし、人間が思想の下僕になってはならないと思うんです。


ところが今日、思想のためにいかに多くの人々が残虐なめに遭ってきているか、


それは皆さんご承知のとおりであります。

 

これは、こと志と違うわけですね。

 

そういうことからしましても、われわれ今、

大いに考えねばならないときに来ているのではないかと感じがします。


人間を下僕にしてはならないということを、


はっきりとわれわれの人生観に、社会観に、もつようにしなくてはならないという感じがすんわけであります。

 

幸之助さんは、正しい信仰のあり方については、


「あくまでも思想や組織のためではなく、それぞれの人間が自分の幸のために信仰するものなのだ」

という考えて、おられたことです。


スーパーエネルギーマネジャー高峰の体験からも、幸之助さんと同じように思います!

オフィステイテイエスの俳優皆さんも、ブレイクスルー思考法の仮説活用するには、あなた自身の幸せのための活用されて行かれますことを望む、
スーパーエネルギーマネジャー高峰です。


ありがとうございます!

?????????????????????????


【ただの努力はエネルギーのムダ』

と、苫米地英人博士です。

次のように話されている。

努力を語る前にまず「ひらめき」について考えます。

「ひらめき」とは、損得や利害が一切なかく生まれるもの。努力は自分の役に立つ意志見返りがあります。

でも、

ひらめきには見返りがない。それゆえ、ひらめきとはより純粋で「絶対他力」なものです。

そしてそのひらめきが正しいものであっても「やる」という気持ちがないとそのひらめきは無駄になります。

本人のひらめきがまず先にあり、方向性が決まり様々ななことが動き始めるわけです。

つまり、
ひらめきが正しければ、後で行う努力も正しくなると言えます。

たとえば、資本主義国の日本において、総理大臣になるとひらめいた人が共産党に入っても、夢が叶うことはほぼないわけです。

総理になるなら、長年与党自民党に入党する必要があります。

でも、
共産主義の福音を世界に広めようとひらめいたなら共産党に所属するのが正しい。

ビジネスパーソン的に言うと、最初に就職した会社が間違っていれば、いくら出世してもよくないということです。

そして私に言わせれば、みなさんが自分がやろうと思ったひらめきと、日々の実行との間で喜びが合致していないと、いけません。

「努力」という発想が生まれる時点で自己を省み、現状を確認する必要があると思います。』

と、
苫米地英人博士です。

参考してください。

?????????????????????????????????????


?????????????????????????????????????

?【ユーザー急増中!10代女子に人気の無料ツール

☺「10秒動画コミュニティ」という
キャッチコピー通り、
手持ちの写真・動画・音声などを
編集して10秒の動画として
投稿できるツールです。

http://goo.gl/1wfkHz

 

毎日ブログ

?【44回幸せの言葉】

http://goo.gl/pw4mkx

?【頑張りすぎて俳優人生の中うまくいかないことはないですか?】

http://goo.gl/Bj3Z9k

?28回■【~出社不能社員の秘密

http://goo.gl/D5gfqi

?23回■【~出社不能社員の秘密】

http://goo.gl/qoTC2V

?【松下幸之助さんに学ぶ】
http://goo.gl/IpDB7O

?産婦人科医の昇幹夫先生は、『「過労死」が頭をよぎったら読む本』

http://goo.gl/Zhm5qO


【TtsHP】
?http://goo.gl/81s0Eo

?

https://goo.gl/epAAfa

 

平城山を越えた女』
http://goo.gl/n5O1n1

?動画

?
(●^o^●)
?http://goo.gl/mxxj7P

?http://goo.gl/1RQBjA

?
CM動画

https://goo.gl/CExzNy