officetts

株式会社オフィステイテイエス俳優事務所のブログ

欧米の没落の反動としての円高】… ^_^

 

【欧米の没落の反動としての円高】…
■■■■■■

http://goo.gl/81s0Eo

?????????????????????????

日本円は、大震災後に1米ドル=76円台を記録し、


■いったん80円台までもどしたが、

その後、数度の日本政府・日銀の円売り介入を経て、


70円台の半ばから後半で推移している。


日本の基幹産業である輸出産業の視点からすると、


円高は日本経済にとって大きなマイナス要因だ。


日本が現在のように震災被害と
原発事故にさいなまれていながら、


円高傾向にあることの裏には、

当然ながら、 ここまで見てきたようにアメリカとヨーロッパ経済の不安定要因がある。



金(ゴールド)も史上^_^最高値を更新したが、


突如、暴落するという乱暴な値動きを見せていて、


金バブル的な傾向もあり、


短期の投資対象としては日本円がもっとも魅力的ということなのだ。」

と言われるのが、
ラビ・バドラ経済予測です。


これらのことからも、

日本円は強い通貨にある。
ことをオフィステイテイエスのタレントさんや
俳優さんには、
知ることです。


■【欧米の没落の反動としての円高2】…

アメリカ市場に今、

巨額の投資をしようという発想はあり得ないし、


ギリシャ危機にはじまるEU危機によって、



ユーロもあてにはならないことがはっきりした。


当面、避難先の通貨としては日本円が安全ということだ。



ギリシャは事実上の財政破綻状態といっても差し支えないだろう。


「穏やかなデフオルト」などともいわれる。

■イタリアにはIMFの監視が入り、


ポルトガル
スペインなどもいつ破綻をきたしてもおかしくない情勢だ。

そのイタリアの国債を大量に保有しているのがフランスで、


EUのその他の国も金融、財政の危うさは、

似たり寄ったりだ。


アメリカとヨーロッパの連鎖的な没落によって、


日本円が結果として

「強い通貨」となっている。」
というのが、
ラビ・バドラ経済予測です。

2012年の博士の予測でした。
2015年の状況については、博士の予測がみつからないが、日本の通貨は、強い通貨であることにはかわないのではないか?とスーパーエネルギーマネジャー高峰が思います。

最近は、仮想通貨の購入が流行っているようですが、仮想通貨の発行が増えることもないことから、投機として捉えていることが要因のようであります。

ありがとうございます。

?
【どん底だ、などと言ってられる間はまだどん底ではない。】と、苫米地英人博士は2015年に話されています。

落ち込むとすぐに大げさに愚痴を言いたがる人が多いですが、エフカシイーが下がっているだけで何もいいことはありません。

例えば、どん底だと落ち込んでいる人に、遠い親戚の遺産が急に5000万円入ってくるとします。

そのとき、まだその人は「私はどん底だ」とは言わないでしょう。
そのお母さんの振り込みを確認して心が弾むはずです。

そして気分は幸福になっているでしょう。

このように、幸福になると悩みは悩みますを吹き飛ばしてしまいます。

多くの人間は正面から取り組んで悩みを解決しようとはしません。

しかし、

何かラッキーな出来事があると、急に気持ちが前向きになり、問題に取り組みはじめます。

すると、

思っていたよりも簡単に問題が解決したりするのです。

つまり、

人間が問題を解決できないのは、気分が下がっている状態でクヨクヨしているだけだからです。』

苫米地英人博士です。

参考してください。

 


毎日更新ブログ
http://goo.gl/GoEChu

http://goo.gl/tExq6E


?

https://goo.gl/epAAfa

 

平城山を越えた女』
http://goo.gl/n5O1n1

?動画
(●^o^●)
http://goo.gl/mxxj7P

?
CM動画

https://goo.gl/CExzNy