officetts

株式会社オフィステイテイエス俳優事務所のブログ

40回学び

40回【学び】

【WHO(世界保険機関)
http://www.office-tts.co.jp/index.html


大石和男
【タイプAの行動とスピリチュアリテイ』専修大学出版局、2005年、111~112ページ】


飯田史彦博士は、WHO(世界保険機関)は、「宗教とは異なる大切な概念」として、


「スピリチュアル」という用語を公式に定義しました。

 

たとえば、メンタルヘルスにおけるスピリチュアリテイの専門家であり、


飯田史彦博士の共同研究者でもある大石和男(立教大学)は、

WHOによる「スピリチュアル」の定義をもとに、次のように考察なさっています。

 


近年、世界保険機関(WHO)ではスピリチュアルな価値観を重視する姿勢を明確にしている。


その背景には、現代医療のなかで生命の尊厳つまり「いのち」の大切さが叫ばれるようになり、

人生の最後を威厳をもって過ごせることを目的とした終末医療や、


痛みをコントロールする緩和医療が重要視されるようになってきたことがあげられる。

 


WHOは、1989年に緩和医療を「身体的、心理的、社会的、スピリチュアルな面のすべてに対応する包括的な医療」

と定義し、


「すべての人間の全体的な福利に係わるため、

その実施にあたっては人間として生きることが持つスピリチュアルな側面を認識し、重視すべきである」

との見解を示した。


そして、スピリチュアルという言葉を緩和医療の定義に盛り込んだ。

 


これまでいろいろな人がスピリチュアリテイに対して、


様々な言葉の定義を示してきた。


それをみると、定義する人の住む社会や文化、

歴史などの影響を受けて、さまざまに味付けされている。


そこでWHOでは「スピリチュアル」という言葉を次のように定義している。

 

「スピリチュアル」とは、人間として生きることに関連した経験的一側面であり、


身体感覚的な現象を超越して得た体験を表す言葉である。


多くの人々にとって、
「生きていること」が持つスピリチュアルな側面には宗教的な因子が含まれているが、


「スピリチュアル」は「宗教的」とは同じ意味ではない。

 

スピリチュアルな因子は、身体的、心理的、社会的因子を包含した、


人間の「生」の全体像を構成する一因子とみることができ、


生きている意味や目的についての関心や懸念と関わっている場合が多い。
(ガンの緩和ケアに関する専門委員会報告、1983年より)


要するに、人間全体を考えるときに無視することのできない、


目には見えないが生きる意味や目的に関するとても大切な要素であるといえる。

 

スーパーエネルギーマネジャー高峰が、グリーやミクシィのブログで、ブレイクスルー思考法の仮説を連載したら、

使えなくなった。
事実から、宗教的と思られていた事実があります。


現在は両方ともアカウントとれない状態にあります。


ここで注目すべきは、WHOが、『スピリチュアル』は【宗教的
と同じ意味ではないことを、名言している事実です。


おそらく、『新しい宗教、新しい理念』

と発言した幸之助さんに対しても、同じような誤解と中傷が、ことの矢として浴びせられたのではないかと拝察できます。
と、飯田史彦博士が述べておられます。


オフィステイテイエスの俳優事務所として、
人間性を磨きあげていく道具として、
幸之助さんの発言集から、
学び、愛して、
俳優としての使命を果たしていくことが、
求められる俳優であろう。
と思います。
スーパーエネルギーマネジャー高峰

ありがとうございます!

 

毎日更新ブログ
http://goo.gl/GoEChu

http://goo.gl/3pndlc

http://goo.gl/4Gwrux


?

https://goo.gl/epAAfa

 

平城山を越えた女』
http://goo.gl/n5O1n1

?動画
(●^o^●)
http://goo.gl/mxxj7P

?
CM動画

https://goo.gl/CExzNy

 

株式会社オフィステイテイエス

http://www.office-tts.co.jp/index.html